盛岡

CE7C640E-3B63-4D33-8CCE-25EF991FBD1A.jpg
盛岡に来ています。
先週末の墨田区ならではのおもてなし体験からオフィスリニューアルの打ち合わせ終えて東北新幹線に乗ってたった2時間ちょっとで岩手県の県庁所在地盛岡に到着。
C80961AB-B8EB-404F-8599-70B62D0DA579.jpg
盛岡にも多くの名物があるが、盛岡到着が夕方だったこともありならば…これでしょう。

じゃじゃ麺

うどんに特有の味噌という表現が関東の人にはわかるか?

多分、この写真のじゃじゃ麺をそのまま食べるだけならばこんなに注目されたのだろうか?

ここからがいいところなのだが、昨夜は過去5年で最高の仕上がりだった。
まずは運ばれて来たじゃじゃ麺にラー油、お酢、生ニンニクを好みの量を加えてかき混ぜる。

途中、味見をしながら好みの味になるまで調合するのだ。

だから私が美味いという味と他の方が美味いという味は違いがある可能性も(笑)

これだけで終わらないのが盛岡のソウルフード

味噌と数本の麺を残して皿の中心に集めて生卵を割る。

それを思いっきりかき混ぜて箸と皿をカウンターにちーたんお願いしますと預けて.
C343F458-738E-496E-9A83-EF8F926DEF78.jpg
出来るのがたまごスープ

これに塩、胡椒を加えて味を整え足りなきゃラー油、お酢、生ニンニクを加えてまたまた味を整える。

この両方がともに整うことがたまにしか来ない私にはどうも苦手で…

だんだん味が分からなくなり…

苦戦するのだが昨夜は完璧だった。

この味の整え方で味が何通りも楽しめるのが盛岡じゃじゃ麺だ。71E136B2-7BCF-40C8-999E-16D5E38DCFE9.jpg
帰り際、かなりニンニク臭いがこれはこれで良しとしなきゃいけない

この記事へのコメント